満月

0

    先日の木曜日、ピラティス個人セッションが昼にあり、
    フラメンコシューズを取りに一度帰宅して、夕方またマンションを出た。

    すごく大きな満月がわりと低くあって、

    都会の建物の間から

    その有様が見えたので、わたしは地球に生きて立っていると解り、なんだかわたしも人間という動物なんだぁって。しみじみ思った。

    その月が遥か遠くから凄く強いエネルギーをだしていて、わたしの身体のエネルギーが繋がり、ハッとした。

    自分の身体と自然が一体となり、

    わたしは生きている!と感じた。

    建物やビル、すれ違う車のはるか向こうに

    神秘的な輝きをとげる月。

    遠くにあるという遠近感を認識できる認知力、色彩を感じる目、自分の身体を個体として感じ、どこからどこまでが自分の肉体であるかがわかる左脳に感謝した。

    地球という惑星に重力で立つわたし。

    なんだかとても感動し、そしてなんだかとても感謝した!

    満月になり昨夜、生理になった。

    森羅万象で生きとし生かされてきた。

    月の引力により神秘的で静寂な気分にさせられる。

    満月はわたしにとって特別。

    また次の満月に向かいわたしは踊る準備をする。

    年末年始で怠け、怠けた筋肉は緩まり恍惚とし、うっとりして穏やかな幸福感を感じるが、

    これらを目覚めさせて毎日少しずつ、地味な自主練を繰り返すと

    身体はストイックでダイナミックな発展を遂げて頭の中まで変わってくる。

    負の要素から発動した怒りにも似た衝動。

    今日はまた大好きなドローレスのシギリージャを聞いて泣いた。さて、頑張る。

    --
    http://www.rica-flamenca.com/


    コメント
    コメントする








       

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << June 2017 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM